Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/clovernotes/www/blog/dk/wp-includes/post-template.php on line 284

あれからいろいろ Google 先生に教えを請うてもぞもぞしてたんだけど、プロビジョニングファイルを実機デバイスの登録からじゃなく、直接 ( ファイルダをブルクリックで ) Xcode に読み込んだら使えるようになった…。

なんかよくわからんなぁ。
各種設定の確立した方法が知りたい。

とりあえず現状 ( SDK 3.0 GM ) 自分の中で確定してる手順を以下に。

— 手順 ここから —
1. OSX のキーチェーンアクセスアプリで証明書要求ファイル ( CertificateSigningRequest.certSigningRequest ) を作成。
2. iDPP で [1.] の証明書要求ファイルを登録して証明書 ( AppleWWDRCA.cer, developer_identity.cer ) を取得。
3. OSX のキーチェーンアクセスアプリに [2.] で取得した証明書をログインで設定。
4. iDPP でデバッグに使うデバイスを登録。
5. iDPP で AppID を発行。
6. iDPP でプロビジョニングファイルを作成、取得。
7. Xcode に [6.] で取得したプロビジョニングファイルを登録。
8. Xcode のプロジェクト設定で [7.] で設定したプロビジョニングファイルをプロジェクトに関連付け。
9. 実機用ビルドで実機に転送してデバッグ。
— 手順 ここまで —

Tagged with:  

2 Responses to iPhone SDK 3.0 GM 証明書問題 なんかしらんが直った

  1. yahiko より:

    はじめまして。

    某ゲームアプリを開発/販売している者です。

    最近、新しい開発機(MacBook)を購入したので、
    SDK3.0をインストール&実機ビルドするための各種作業をしたのですが
    何度やっても読み込んだプロビショニングファイルがプロジェクト設定に反映されず。

    ググっても全く同様の現象が見つからず途方にくれていましたが
    こちらの情報「プロビショニングファイルを直接ダブルクリック」で
    解決しました!感動です(T_T)。助かりました。
    ありがとうございました。

  2. まこ より:

    >> yahiko さん
    いえいえ、拙い情報でも役に立てた様で良かったです。
    手探りじゃなくて確実な情報が欲しいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。